なりたい目になろう

女性の目元

美容外科の治療法

自分のまぶたが腫れぼったいために、一重になっている人も美容外科に行けば魅力的な瞳を手に入れることができます。メスを入れなくてはならないと言うイメージがあるかもしれませんが、決してそういうことはないので抵抗感がある人も安心してください。今ではメスを使わない治療方法がとても人気があり、多くの美容外科で治療を受けることができます。まずは、とても人気が高くメスを入れなくて済む治療方法の埋没法から見ていきましょう。この方法は、まぶたに二重のラインを入れたい場所に糸を使って固定します。これだけで済みますので、治療時間も短くて済みますし、費用もあまり高くならないことが多いです。また、メスを入れないのでまぶたの腫れや痛みが早く引いてくれますので、早く効果を実感することができます。もう一つはメスを使う切開法で、こちらはかなりまぶたが分厚い人もスッキリとしたまぶたにすることができます。埋没法では効果が出ない人も切開法なら効果が出ますが、ダウンタイムが長くなります。費用も比較的高めですが、糸が切れると元に戻る埋没法とは違って、ずっと二重をキープすることができます。憧れの二重にするとは言え、二重幅を広くしてしまうとかえって眠たそうな印象になってしまうので気を付けてください。実際にそういう人も見てみると、はっきりとした目元というよりも眠たそうな感じがしませんか。適度な幅にすることが一番良いので、医師とよく相談してから手術を受けましょう。美容外科によっては術後の顔をシミュレーションしてくれるところもありますので、どのような目になるかを事前に確かめることができます。費用が安い方が良いと言う人もいますが、美容整形手術は医師の技量によって結果に差が出ます。美容外科を選ぶ際には、二重の美容整形を得意としている医師がおり、実績がたくさんあることを基準にすると良いでしょう。実績が多ければ多いほど経験がそれだけありますから、医師の腕も良いでしょうし的確なアドバイスもしてもらえるはずです。埋没法であっても切開法であっても、術後はある程度のダウンタイムが必要なので、そのことを頭に入れてから手術に臨んでください。埋没法も全くダウンタイムがないと言うわけではありませんので、納得した上で手術しましょう。

Copyright© 2018 リスクを知れば二重整形も怖くない!【二重整形はとても身近なもの】 All Rights Reserved.